2016年10月

続けてもう一つ。

m3722

水縞を始めて10年がたちました。
11年前の春、吉祥寺の路地裏にひっそりと佇んでいた村上の文房具店「サブロ」に
植木が立ち寄ったことが私たちの最初の出会いでした。
すぐに意気投合し、その翌年にはもう水縞を始めていたのですが、
新しいことが始まるときのあの高揚感は今でもたまに思い出します。

そんな水縞が、今年の12月で10周年を迎えることになりました。
始めた頃のように週に何度も顔を合わせて、ああだこうだと夜遅くまで
しゃべっているという時間は今はもう少なくなりましたが、
10年一緒に培った「水縞」という土壌は、
ほどよく熟成していい塩梅になってきたように思います。
この土を糧に、また10年歩いていければうれしいです。

シンプルで、それでいていつまでも新鮮さを失わない水玉縞々のような、
そんなものづくりをこれからも変わらぬ目標として。

10周年を記念して、お世話になっているほぼ日刊イトイ新聞さんのギャラリー「TOBICHI②」にて
「水縞移動文具店 ― 水玉10年、縞々10年 ―」を開催させていただくことになりました。

現在作っている水縞の全商品が並びます。
また、水縞発足から今日までの10年の軌跡も展示いたします。
スタート時からの定番商品、水縞を代表する人気商品などを
すべてご覧いただくことができますので、ぜひこの機会に足をお運びください。

 

Print

水縞「KOTOWAZA」展と同時開催になります。ぜひ併せてご覧ください。

/////////////////////////////////////////////////

「水縞移動文具店 ― 水玉10年、縞々10年 ―」

日程:11/11(金)~11/15(火)
会場:ほぼ日刊イトイ新聞 ギャラリーTOBICHI② 東京都港区南青山4-28-26

/////////////////////////////////////////////////

近頃はすっきりとした秋晴れが続きますね。
夜はとても寒く、アウターが手放せなくなってまいりました。
みなさんも体調にはお気を付けくださいね。

さて、今週末から始まるイベントのお知らせです。

kotowaza

題して、水縞「KOTOWAZA」展。

日常ではあまり使ってはいないけれど、
聞けばだいたいの意味はわかってしまう日本人にはお馴染みの「ことわざ」。

zoo_totebag_isonokininaru_postcard_i

ちょっと耳に痛いことわざから、元気が出ることわざ、一生ついて行きたくなることわざまで、
あれこれ取り出して水縞ならではの文房具を作りました。

また、イラストレーターの福田利之さんと一緒につくったことわざシリーズも並びます。
福田さんの素晴らしい独特の世界と掛け合わさって、ユニークな文房具がたくさん出来ました。
「Toshiyuki Fukuda × 水縞」の定番ポスターカレンダーも登場いたします。

fukuda_letter_ifukuda_glue_i
fukuda_tape_ifukuda_kinchaku

京都・東京の2箇所で開催いたします。
ぜひお誘い合わせて遊びにいらしてください。

/////////////////////////////////////////////////

水縞「KOTOWAZA」展

【京都編】
日程:10/29(土)~11/11(金)
時間:10:00〜21:00(最終日は18:ooまで)
会場:恵文社一乗寺店 /生活館 京都市左京区一乗寺払殿町10

【東京編】
日程:11/11(金)~11/15(火)
時間:11:00〜19:00
会場:ほぼ日刊イトイ新聞 ギャラリー TOBICHI② 東京都港区南青山4-28-26

※【東京編】は「水縞移動文具店  -水玉10年、縞々10年- 」と同時開催になります。

/////////////////////////////////////////////////

ページトップへ