2013年7月

秋に向けて、日本列島をテーマにしたアイテムを製作中。
ここ最近は、日本地図とにらめっこする毎日です。
そしてその結果、こんなハンコが出来上がってきました。

有機的な幾何学模様の不思議なデザイン。
こちらは何かといいますと、日本の県境や地形を切り取ったもの。我ながらマニアックです。
日本列島をじっと凝視し続けた日々が、このデザインに集約されています。

こちらの模様を使って、KANAME KO-BOさんに磁器のアクセサリーシリーズを
作っていただく予定です。いままでのシリーズとはまた違った、
少し不思議で独創的なデザインになりそうで、今からとても楽しみです。

どうぞお楽しみに!

水縞も過去2回参加していた、手紙社さん主催のイベント、もみじ市の開催が決定しました!

こちらは前回(2011年)出店時の様子。「文具屋台」と題して、文具をザルに
陳列して販売しました。
前回参加の様子はこちら 

多摩川の河川敷で、全国から美味しい物、楽しい物が集まるこちらのイベント。
今年は10 月19日、20日の開催が決定しました!
水縞もはりきって参加します!

もみじ市のホームページは8月中旬OPEN予定。
現在はもみじ市のテーマソングが流れる、楽しい動画をこちらでご覧いただけます。

詳細は追ってお知らせさせていただきます!お楽しみに。

アイコンとメッセージの組み合わせを168通り楽しめるハンコ、「回転印きもち 168」。

「オタンジョウビ」「オメデトウ」「ドウゾ」「ヨロシク」「ゴッツァンデス」(!)
など、贈り物や手紙に便利なメッセージから、面白系のフレーズまで
12種類(「ゴザイマス」を除く)揃った、優秀なハンコなのです。

アイコンもびっくりマークやピースマークから、お相撲さん、おにぎり、
おかめさんなど、回転印にされたことはおそらく無い(はず!)図案が揃ってます。
なかなか愉快なラインナップです。
もちろん、アイコン、メッセージ、それぞれ単体で押すことも可能です。

「コンニチハ。オタンジョウビ ヨロシクオネガイシマス。ゴキゲンヨウ。」
ユーモアの通じる人に、こんなメッセージを作ってみるのもおすすめです。

アイコンとメッセージの組み合わせで、ぜひいろいろ遊んでみてくださいね!
 

 

梅雨が明けて、夏の暑さってこんなだったな、と毎年のことながら思い出している今日この頃。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
水縞は秋に、東京はスパイラルマーケット、京都は恵文社一乗寺店にて、イベントを開催予定です。
年に一度の大きな展示会に向けて、現在新商品のデザインを進行中。

紙の束に硝子板を載せた即席のライトボックスで、図案をトレースするN画伯。

デザイン案より抜粋。
足にフィンを付けてダイビングをする小柄な少年。
彼の名前はChurataくん。その名のとおり、沖縄にちなんでおります。
というのも、今回は「日本列島」(仮)をテーマにした展示を予定しているのです。
くわしいことは、またあらためてお知らせいたしますね。
どうぞお楽しみに!
今年も、暑さに負けずに楽しく夏を乗り切るぞー!

水縞のここ最近の新商品の中でもかなりの自信作、「カットタグ」。
自分で好きな形にはさみやカッターでカットすれば、3枚綴りのタグができるという、
気軽に工作気分を味わえるラッピンググッズです。

水玉、縞々、波模様の3種類。一見、これはどう使うの?という風貌ですが、

カットすると、パラッと模様入りの紙がうしろから2枚顔を出す仕組み。
ハトメ部分を含めてこのように好きな形にカットすれば、
3枚綴りの2枚目、3枚目も切り離されます。

ちょっとした仕掛けが楽しいこちらのタグ。
付属のワックスコードを使って、ラッピング用のタグとしてはもちろん、メッセージカードや栞、
写真のようにパーティーのチケットとして、割ピンでカードに固定するなんていう使い方も。
ラッピンググッズとしてだけではなく、様々な使い道を自由に楽しんでいただけたら嬉しいです。

ページトップへ