nombreのこと/2012年1月

nombreのご近所に「雨と休日」という名前の、穏やかな音楽を集めた素敵なセレクトCDショップがあります。
店主の寺田さんにショールーム用のCDを3枚選んでいただいたのですが、
とても 店内の雰囲気に合っていて、流石のセレクトなのです。
どれも素敵な音楽ばかりで、ヘビーローテーションで流しております。


左のCDはLullatone という2人組ユニットの 「Soundtracks for Everyday Adventures 」。
リコーダーやピアニカなど、子供心(もう大人ですが)を刺激されてしまうような楽しい生楽器の音が
楽しいです。ビデオもユーモアがあって可愛らしく、ピタゴラスイッチ好きの方にはぜひ見ていただきたいです。

右側はmusetteというスウェーデンの音楽家の「datum」というCD。
datumとは日付を意味するそうで、「14 april」「22 december」など曲名はすべて日付。
遠くで鳴っているような柔らかいピアノの音と口笛が心地よくてお昼寝したくなりますが、
店番中なので少しうっとりする程度に留めておいております。


そしてnombreスタッフ内で最も人気を集めているのが女性3人組のユニットomu-tone
の「odorudake」。マリンバを中心とした打楽器ユニットなのですが、
タイトル通り、踊り出したくなるような楽しい音に溢れています。
このCDに限らずどの作品も 曲名が面白く、「縞々」「縞縞2ピアノフォルテ」など、縞々モチーフの曲が多いのが
気になります。
彼女たちのライブはハイテンションで演奏する姿がかっこよく、とにかく楽しいので、おすすめです!

これらのCDは雨と休日さんでもお買い上げいただけますので、ぜひ行かれて見てくださいね~!

こだわり文房具
★拝見!店主こだわりの愛着文房具
★テーマで選ぶ文具コーディネート

Published by エイ出版社

nombreで取り扱っている文具の中で、デザイナーの植木がおすすめの文具を紹介しております。
コピーライターやイラストレーターなどさまざまな職業の方がこだわりのお気に入り文具を紹介するページが
それぞれの思い入れが感じられて面白いです!
水縞の商品もいくつか紹介していただきました。詳しくはこちらをどうぞ。
ぜひご覧になってみてくださいね〜!

散歩の達人」2010年2月号

★暮らしに添えたい美雑貨

published by 交通新聞社

美雑貨!だなんて謙遜してしまいますが、
「暮らしに添えたい美雑貨」というページにnombreが紹介されております~。

「達人」だけあって、色んな切り口から西荻窪・荻窪が紹介されており、
読み物としてもなんだか非常におもしろいです。

ますます西荻が好きになってしまう…どうしよう。
そんな気持ちになる雑誌です。

ぜひお手に取ってごらんくださーい!

 

リンネル」2012年3月号 (1月20日発売)

★可愛い雑貨に出会う本:西荻窪、愛しのへんてこ文房具

妖精のような美しさの原田知世さんが表紙のリンネル3月号。
「可愛い雑貨に出会う本」というbook in bookの中にnombreが紹介されております~。
他にも行ってみたいお店がたくさん…。
取り急ぎ、西荻ページに載っているお店をめぐらなきゃ!

書店で見かけた際はぜひぜひ手に取ってみてくださーい。

「クリエーターが手づくりする本」のコーナーに植木明日子の作品を掲載していただきました。

published by   誠文堂 親光社

10人の作家さんのいろいろな「製本作品」が111点も紹介されています。
どの作家さんの作品もほれぼれするような美しさ。

作り方も細かく掲載されていて、自分で製本をしてみたい方にはとってもおすすめです。

私はブックパッカーの考え方をベースにした「ノートパッカー」という作品をつくりました。


ブックパッカーと同様に肩から下げられるようになっています。
表紙にキレイな包装紙を使ってみました。
紙のサイズはそんなに大きくなくても作れますので、お気に入りの包装紙があれば取ってみておいてくださいね。

内側の中心にはゴムがはってあり、中の紙をゴムにはさんでどんどん追加できるようになっています。
中の紙を色紙などにしても楽しそう。

1点モノを手づくりするのはとても楽しいです。
凝ったつくりにしてひとつひとつバリエーションをつけたり。

材料と道具を机にばーっと広げてあれこれ考えるのは、いくつになってもワクワクしますね。

ぜひお手にとってご覧いただきたい素敵な本です。

 

以前、nombreの制服のことをご紹介しましたが、
もうひとつ、スタッフがお揃いで持ち歩いている事務用品があります。

ジャジャン!これです!

この真ん中の黒いヤツ。
そう、ご存知シャチハタの印鑑でございます。

この印鑑、何かを確認したときに、「確認しました」の意味でポン!と押して使っているのですが、
私たちが使っているものは少し変わっています。

ふつう、印鑑といえば名字が刻印されていますよね。
ところが私たちの 印鑑は・・・

数字なのです~!

また数字かよ!というツッコミが聞こえてきそうですが、また数字です。
ただ、これにはちょっとしたわけがありまして…

nombreでは普段、スタッフどうし下の名前で呼び合っているのですが、
みんなMから始まる名前で2文字、しかもなんだか語音も似ている…、
という非常に紛らわしい環境であります。
なので、呼んだ名前と違う人が返事をするなんてこともたまにあるのですが、それはさておき。
この印鑑を作るとき、下の名前にする案もあったのですが、分かりづらいという理由で却下に。
名字だと少し堅苦しいから、じゃあ数字でね、ということに落ち着いたのでした。

・・・という経緯だったかどうかは、うろ覚えで定かではありませんが、
とにかく満場一致で数字がいい!ということになったわけです。(長々とひっぱってすみません)

書類にポンポンと数字が押してある姿は、なんだか可愛らしくてお気に入りです。
無駄にたくさん押したくなる、自慢の事務用品の紹介でした。

 

 

 

 

 

「MOE」2012年2月号

★SPACE 絵本を感じる旬な空間

published by 白泉社

今をときめく芦田愛菜ちゃんの横にどどんと紹介されております。光栄です。
表紙にもある様に2011年の絵本屋さん大賞受賞作品がずらりと紹介されており、
読み応えばつぐん。

書店で見かけた際はぜひ手に取ってみてくださーい。


2012年ですねぇ。
昨年は気持ちの塞ぐ出来事が重なり、いろいろと考えさせられる1年でした。
nombreでは、事務所の引っ越し、ショールームのOPENとたくさんの変化のあった年でもあります。
昨年の変化にも順応し、西荻窪での日々も落ち着いてきたなぁ、と思う今日この頃。
これからもみなさまによいものをお届けできるよう、nombre一同はりきって!行きたいと思います。

今年もnombreをどうぞよろしくお願い致します!

 

ページトップへ